直接的でないクレジットの方法は簡明です。カードを経由してダイレクトに支払えない販売品を直で取引するという方法ではなく、二次的にした方がより得策です。説明が単純という理由で、金券のケースを駆使して説明してみたいと思います。ある個人が有名なバックを購入したいと迷っているようです。手に入れたい有名な銘柄のカバンを扱っている所では買おうとしてもクレジットで支払う事ができじないとします。。ところがAmerican Express、NICOSなどの券によってなら買う事を受け入れてくれるといいます。なので例になる男性はクレジットで金券を取り寄せしてしまって金券を売っている場所におもむきクレジットを用いてAmerican Express、Diners clubなどののギフト券を取り寄せしてみました。そのあと利用したクレジットカードを駆使して買い付けたMasterCard、NICOSなどののギフト券を販売店に所持しておもむき、手に入れたかった高価な財布を購入したとします。「なんでギフト券で購入した個人は上記のような手間をとらせるやり方をしているのでしょう?」と考える人もいるでしょうが、解説したプロセスを用いることでだと獲得することのないクレジットカードポイントがつきます。通常、お金を使う事で高価な財布を購入したりした場合クレジットポイントはつきませんしJCB、NICOSなどのギフト券をお金で注文した上で駆使してもカードポイントはつきません。けれども解説した場合の時はVISA、NICOSなどのギフトカードをクレジットで取り寄せしたという理由で、ブランドバックを取り寄せした状態と同じような数だけカードポイントが獲得できるという事なのです。こういう場合が段階を踏んでクレジットを駆使したことという理由により間接的クレジットカードと名づけられた手順です。