クレジットの没収というものは、その名前が表す通り理由の如何にかかわらずカードを没収(停止)されせらてしまうことを言います。強制没収された場合には当たり前の話そうなったクレカがその瞬間以降は、一切使用できなくなります。失効扱いとなるパターンは色々・・・クレカを一方的に退会させられる事情は色々あります。一般的に日常生活の購買で決済するなど特段の事情なくクレカを用いている場合には没収させられてしまう原因などまずありませんから安心して欲しいですが強制失効となるケースというものを記憶に留めておくことによってカードを今よりも気持よく使用できることになると想像できるため、後の文章ではそのパターンの具体例を言及していきたいと思う。兎にも角にも言えることはクレジットの会社に向かって信頼を失う行為をしたりすることやクレジット会社への不利益となりうるような振る舞いをしないのであれば絶対に没収となることはないと思われます。安心して利用するということが一番ですので過去に当てはまる類のことをやったことのおありの人がいらっしゃれば、今後しっかりと綺麗な履歴データに挽回するように注意して欲しく思います。そもそもクレカの請求金額を支払いしない●これは全く言うまでもないお話であるのですがクレカで購入した請求金額をクレジットカード会社に弁済しない利用料金の踏み倒しをする場合、または日常的な金欠で請求金額の支払いが滞ってしまうといったケースには間違いなく強制没収となってしまうことになります。元を正すとクレジット発行会社は利用者を信じてクレジットカードを使用させていているわけですから、契約者が支払いをしない限りその信頼はすべて崩れ去ってしまうことになるでしょう。このような理由からクレカを取り上げることによりそれ以降の損失拡大を防ぐ対策を講じるから、強制没収になってしまいます。