店舗で全部の所有カードが決済可能なわけでもない▽クレカ会社の契約店は一般的に多くのクレカと契約しているんですが、ちょっと不便ですが一切の契約店で全てのサービスの所有クレジットカードが決済可能なわけでもありません。例をあげていうと旧態然とした店舗の場合にはJCBの印の入っているクレカしか使用不可な場面もあるし、新しい契約店舗の場合だとVISAとマスターマークのついているクレカしか決済できない場合もあります。ディスカバーカードみたいなクレジットカードなら、いっそう使用不可なお店が増えると思います。どの印のクレジットカードが決済可能かというのをどんな方法で見分けるといいのか「ではどうやってどのブランドのクレジットカードが決済できるかを見分けるといいんだろう?」といっても、正確に知るのには商店の従業員に問い合わせてみるほかないていうのが正直ながら正しい回答です。とはいえどもほとんどの店舗やショッピングモールには店舗前の分かりやすいところに決済できるカードのロゴがプリントされた認証マークが掲示されているから「ああ、このレストランではMasterCardが決済できるのね」といったことがわかるようになってるため確認していただきたい。いっぽうで、しっかり管理が出来ていない加入店の場合には、ステッカーが掲示されている店舗でも「当店舗では何々クレジットカードは決済いただけません」などという返答をされる状況もないともいえずメンツをつぶされてしまうこともなくもないです。やっぱりできる限り全てのお店でクレカが使用できるようにしたいのならば、異なる種類のグループ(海外印)がある一般的なビザカードアメリカンエキスプレスカード、というようなクレカを2枚以上申し込んでおくようにして欲しいと思います(例えば:ライフカードを契約しているならその次は銀聯カード付属のカードを契約する等)。とりわけ日本においてはVISAカード、MasterCard、JCBの3つのブランドが書いてあるクレジットカードを常に持っておけばおおよそ99%以上の加盟店で3枚のうち少なくとも1枚のクレカを切る機会があります。クレカを使って日常的に節約を目指すためにはできる限り早めに少なくともこの3枚のクレジットカードを使えるようにしておいていただくことをお勧めします。